tokyoやすは

安いとこはすごく安いし、高いとこはすごく高い。東京では値段の差が大きい歯科治療についてのブログです。

保険外治療は高い

東京などの関東には数多くの歯科医院が開業しています。治療内容は大きく分けて、保険診療保険外診療に分けることができます。

保険診療は国によって治療内容が細かく決められ、差し歯であれば使われる材料にも制限があります。保険の差し歯は金属で土台を作り、前歯は見た目が悪いので表面に白いプラスチックを貼り付けています。プラスチックは変色しやすく、とてもきれいとは言えない治療ですが、多くの人が安いという理由でこの治療を選択しています。


保険外治療は高いというのが、多くの人のイメージです。確かに、差し歯をオールセラミックという保険外の材料で作ると、1つあたり10万円を超えることもあります。オールセラミックは金属を一切使わずに、セラミックだけで作られています。透明感のある白さはセラミックの特徴的なもので、本物の歯と見分けがつかないような質感を出すことができます。費用の面でいい治療をあきらめなければいけないというのは、もったいないことです。

そこで、JDFでは、オールセラミックを従来の半額ほどで治療しています。歯科医院と歯科技工所の協力体制があってこそ成り立っているシステムで、仕上がりのきれいさなど患者さんからの評価も高いです。