tokyoやすは

安いとこはすごく安いし、高いとこはすごく高い。東京では値段の差が大きい歯科治療についてのブログです。

オーダーメイドなのに安い!?オールセラミックの差し歯

以前治療した保険の差し歯が変色して悩んでいるという人は多くいます。

保険治療の差し歯は、金属の上に白いプラスチックを貼っているだけなので、黄ばみなどの変色や下の金属の色が出てしまうというトラブルが多くあります。治したいけれど、保険外治療の差し歯は高額なイメージがあり、なかなか歯科医院に行くことが出来ません。


しかし、東京などの関東を中心に、オールセラミックを安い価格で提供しているのが、JDFです。

今までのオールセラミックは不明瞭な費用で1本あたり10~15万円という高額な金額が必要でした。

せっかくいい治療があっても、費用の面で諦めなければいけないというのは、とても残念なことです。そこで、コストを見直し、技術料と材料費という分かりやすい料金体系でオールセラミックを作っています。


提携先の歯科医院は限定されていますが、熟練の歯科技工士がひとつひとつ、患者さんのお口に合わせてオーダーメードで作成しています。

従来の半分ほどの治療費で、高品質なオールセラミックが受けられるとあって、利用している患者さんは増えています。見た目が美しいのはもちろんですが、噛み合わせなどにも配慮した作りで機能の面でも安心です。

ceramic-white.com

保険外治療は高い

東京などの関東には数多くの歯科医院が開業しています。治療内容は大きく分けて、保険診療保険外診療に分けることができます。

保険診療は国によって治療内容が細かく決められ、差し歯であれば使われる材料にも制限があります。保険の差し歯は金属で土台を作り、前歯は見た目が悪いので表面に白いプラスチックを貼り付けています。プラスチックは変色しやすく、とてもきれいとは言えない治療ですが、多くの人が安いという理由でこの治療を選択しています。


保険外治療は高いというのが、多くの人のイメージです。確かに、差し歯をオールセラミックという保険外の材料で作ると、1つあたり10万円を超えることもあります。オールセラミックは金属を一切使わずに、セラミックだけで作られています。透明感のある白さはセラミックの特徴的なもので、本物の歯と見分けがつかないような質感を出すことができます。費用の面でいい治療をあきらめなければいけないというのは、もったいないことです。

そこで、JDFでは、オールセラミックを従来の半額ほどで治療しています。歯科医院と歯科技工所の協力体制があってこそ成り立っているシステムで、仕上がりのきれいさなど患者さんからの評価も高いです。

健康保険が適応されるもの

歯科医院で差し歯にしようとすると、多くの場合健康保険が適応されるものを作ることになります。

健康保険は3割の負担で受けられるので、患者さんとって安く治療ができるというメリットがあります。しかし、治療内容は国によって細かく決められていて、差し歯は金属の上にプラスチックを貼り付けたものしか対応しません。変色などの問題も多く、消して見た目がいい治療とは言えません。


そこで、関東の東京などでオールセラミックを安い価格で提供するサービスが登場しました。保険外治療であるオールセラミックは、1本あたり10万円を超える費用がかかりますが、透明感のある白さは本物の歯のような美しさがあります。

せっかくいい材料があるのに、費用の面で治療に使えないというのはとてももったいないことです。

 

そこで、JDFでは、歯科医院と歯科技工所が提携することで、従来の半分ほどの金額でオールセラミック治療を可能にしました。保険外治療にかかる費用の内訳は患者さんの立場からは分からないことがほとんどですが、JDFでは材料費と技術代という分かりやすい料金体系になっていて、安い価格で高品質な治療を受けることができます。使われるセラミックは一流メーカーのもので、長期間きれいな状態を維持できます。