読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tokyoやすは

安いとこはすごく安いし、高いとこはすごく高い。東京では値段の差が大きい歯科治療についてのブログです。

東京で安いオールセラミックにするならここがおすすめ

差し歯というのは、見た目の印象を大きく変える治療です。

差し歯治療には種類があり、保険治療は安いけど品質はそれなりで、保険外治療は高い技術だけれど値段も高いというのが一般的なイメージです。

 

保険治療は国によって治療方法や材料が決められているので、仕方のない部分もありますが、保険外治療は歯科医院が独自に材料や費用を決めることができます。

保険治療では、金属の上に白いプラスチックを貼り付けているだけなので、プラスチックがはがれて金属が見えたり、変色しやすいです。


一方、保険外治療で使われるオールセラミックは、金属を使わずにセラミックだけを使用して作られています。長期間使っても変色することなく、透明感のある白さを維持できるメリットがあります。

保険外治療なので10万円ほどの費用が必要になるというデメリットがありましたが、高品質なオールセラミックを格安価格で提供しているJDFでは、東京など関東の歯科医院と協力することで不明瞭な費用を削減し、今までの半分ほどの費用で治療ができるようになりました。

 

材料費と技術料という分かりやすい項目で、どの程度の費用が掛かるのかもすぐに分かります。

豊富な経験を持つ歯科技工士が、患者さんのお口の状態に合わせて1つ1つオーダーメードで作り上げるので、噛み心地も見た目のよい差し歯が出来上がります。

興味がある場合は東京に複数の医院があるため、お近くの医院や治療期間、トータルの費用などについて一度公式サイトの無料メール相談を利用してみるのがいいでしょう。

ceramic-white.com

 

 

金属の上に白いプラスチックをつけている義歯

歯科医院に行って、差し歯を作ることになったとき、保険の差し歯と保険外の差し歯の違いに驚いた人は多いでしょう。

保険は安く作ることができますが、金属の上に白いプラスチックをつけているだけで、作り物という感じが強いです。

 

一方、オールセラミックなどの保険外治療の場合、白く透明感のある材質で本物の歯のような質感を出すことができます。見た目は保険外の方がいいのですが、1本10~15万円という費用のために、保険外を選ぶという患者さんが多いです。


そこで、東京などの関東を中心に、JDFでは安い価格でのオールセラミック治療を行っています。保険外治療の不明瞭な費用を省き、材料費と技術代という分かりやすい料金で成り立っていて、患者さんが納得した上で治療を受けることができます。提携した歯科医院でしか治療が受けられないので、制限がありますが、熟練の技工士が患者さんのお口に合わせて作り上げます。

 

色や形はもちろん、患者さんの口元に合わせるので見た目も噛み合わせも両立した治療になります。

オールセラミックは透明感があるので、本物の歯と見分けがつかないような見た目にすることができます。強度も問題なく、長期間きれいな状態を保てます。

本物の歯のような透明感のある白さが特徴

歯科医院で、受けたい治療が保険外で諦めたという経験を持つ人は多いでしょう。

保険の治療は3割の負担で受けられるので安いというメリットがありますが、治療内容には大きな制限があるからです。

 

例えば、保険では削った場合の多くは銀歯が適用されます。前歯に限り、白い差し歯を使うこともできますが、金属の上に白いプラスチックを貼っているだけなので、金属の色が見えてしまったり、作り物っぽい印象が出てしまいます。


そこで、オールセラミックという、金属を使わずにセラミックだけで差し歯を作る技術があります。本物の歯のような透明感のある白さが特徴で、強度もあるので噛む力にも耐えることができます。

とてもいい材料なのですが、保険外治療のため、費用が1つにつき10~15万円かかってしまいます。


せっかくのいい治療を患者さんが費用のために諦めるというのは、本当に残念なことです。そこで、関東の東京などを中心にしてJDFは、平均の半額ほどの治療費でオールセラミックを提供しています。

保険外治療にかかる不明瞭な費用を削減し、材料費と技術料だけの請求なので分かりやすいです。差し歯を作成するのは、熟練の技工士で、患者さんにお口に合わせて1つ1つ作り上げます。

受け入れることができるアレルギー物質の量

オールセラミックで施術していくことは全国的に一般化しましたが、やはり関東地方には腕利きの医師が多く東京のクリニックに遠くから出向く方も大勢居ます。

こうしたオールセラミックは、銀を使った義歯のように少量ずつアレルギー物質が口内に浸透することはありません。


人間は受け入れることができるアレルギー物質の量が決まっており、受け入れられる量が限界値まで達した時に金属アレルギーになります。

つまり、今までの銀歯を使っていると飲食をした時に少しずつ身体の中に金属イオンを取り込んでしまうことから、近い将来アレルギーになる恐れがあるのです。


オールセラミックはセラミック以外使われていないので、絶対に身体に変調が起こることはありません。
また、オールセラミックは歯科技工士が作る通常の義歯に比べた時とても軽いことがわかります。


重たいものを使って施術してしまうと顔のバランスが悪くなり、表情に悪い影響が出てしまうようになるのですが、オールセラミックは自然な表情を作り出すことができます。
このようにオールセラミックはとても良い恩恵ばかりがあるのにも関わらず、近頃はとても値段が下がっていて安いのが嬉しいポイントと言えるでしょう。

保険診療で治療する

日本人は口元に自信がない人が多いと言われています。話すときに手で口というような癖の人もいますが、これらは自信のない口を隠そうとする心理作用によるものです。虫歯だけでなく、治療した銀歯や差し歯が気になるという人もいるでしょう。


保険診療で治療すると、銀歯や白い差し歯も土台は金属が使われるなど、材料に制限があります。見た目の良い治療を希望すると、保険外治療となり、高額な費用がかかってしまいます。オールセラミックという素材は、金属を使わないでセラミックだけを使用するので、透明感のある自然な白さが特徴です。


オールセラミックは保険外治療なので、10~15万円ほどの治療費が1本あたりにかかります。高額な費用のせいで、せっかくのいい治療が受けられないということは、とても残念なことです。

そこで、東京など関東を中心に展開しているJDFでは、安い価格でオールセラミック治療を提供しています。歯科医院と技工所が提携するシステムで、不明瞭な費用を省き、技術料と材料費という分かりやすい費用だけの請求になります。従来の半分ほどの金額でオールセラミックが受けられると、患者さんからも好評です。仕上がりのきれいさにも評判があります。

金属を使わずにセラミックだけで差し歯を作る

歯というのは、意外と人から見られている部位で、第一印象にも大きな影響を与えます。保険の差し歯も治療可能ですが、銀歯や金属の上に白いプラスチックを貼り付けただけのものなど、品質がいいとは言えません。


保険外治療では、白いセラミックを使うことができますが、1本あたり10~15万円という高額な費用が必要になります。

保険外治療は歯科医院が独自に料金を決めることができるので、金額には差がありますが、高額であることに変わりはありません。そこで、オールセラミックを安い金額で治療できる環境を用意しているのが、JDFです。JDFでは、歯科医院と歯科技工所が協力しあえる環境を作ることで、今までにない治療費でオールセラミックの治療を可能にしています。


JDFは関東の東京などの限られた歯科医院でしか治療を受けることができませんが、高い品質の治療を安い価格で提供できると言う大きなメリットがあります。

オールセラミックは、金属を使わずにセラミックだけで差し歯を作ることで、透明感のある自然な白さを出すことができます。本物の歯と見分けがつかないほどで、きれいな見た目と噛み心地を実現しています。JDFでは従来の半額ほどで治療が可能で好評です。

コスト削減を徹底し中間コストを抑えている歯科

JDFは関東圏で格安オールセラミック治療を受けられるクリニックとして有名です。

東京・神奈川に展開しており、平均的価格の50%未満という安さが魅力なのです。
あまりに安いと不安になる方が多いでしょうが、安くても技術が高ければ問題ないでしょう。


安くできる仕組みはコスト削減を徹底し、中間コストを抑えているためです。
また審美治療というのは料金体制が不明瞭なところが多いのですが、JDFは適正価格を設定しています。
価格が明瞭でわかりやすいので安心できますし、使用するセラミック素材も高級品です。


オールセラミックは素材によって耐久性がかなり異なってきますから、一流素材を使用した治療を受けたいものです。
安いのは嬉しいことですが、安いだけではよいとは言えません。
治療後に不具合が生じてはいけないので、多少高くても素材・技術ともに一流のクリニックを選ぶべきなのです。


関東・東京で人気のJDFは、安さと素材・技術に至るまで最高レベルです。
実際に治療を受けた方は口元の悩みがまとめて解消し、生活の質が向上したと答えています。
噛み合わせもよくなるので健康効果も期待できるなど、想像以上にたくさんのメリットを実感できるはずです。